リフォーム工事はどこに頼む?依頼先の比較ポイントを解説します

リフォームをしたいけれど、業者がたくさんありすぎて選べないとお悩みの方もいらっしゃるかと思います。適切な業者選びは満足のいくリフォームを行うために不可欠です。そこで今回の記事では、リフォーム工事をする際の依頼先の選び方について詳しく解説します。

23665346_s.jpg

リフォームはどこに頼むべき?6つの依頼先を解説!

24484528_s.jpg
ここではリフォーム工事の6つの依頼先を解説します。各業者の特徴を解説しますので、依頼する際の参考にしてみてください。

工務店

工務店はリフォームだけではなく新築工事も請け負っている場合があるので、可能なリフォームの範囲が広いという特徴があります。地域密着型の工務店であれば、近隣住民からの口コミを聞けたり、入居後のフォローが手厚い点もポイントです。

ハウスメーカー

ハウスメーカーも大規模なリフォ ムに対応しているところが多いです。また、大手ハウスメーカーは知名度もあるので安心して依頼できます。ただし、他と比べて価格が高い傾向があります。

住宅設備メーカー

家全体のリフォームというよりも、トイレやキッチン設備などの水回りといった部分的なリフォームを請け負っているところが多いです。元請業者とタイアップしているケースが多いのが特徴です。

リフォーム専門業者

新築工事をしておらず、リフォームを専門に取り扱っている業者をリフォーム専門業者と言います。大規模なものから部分的なものまで対応しているところが多いです。

リフォーム依頼先ごとのメリット

24015877_s (1).jpg
ここではリフォームの依頼先ごとのメリットを解説します。

工務店のメリット

地域密着型であることや、自宅からの距離が近いところを選べる点は工務店のメリットです。また広告費をあまりかけない傾向にあるので、大手のハウスメーカーと比較するとリフォーム費用が安価な場合もあります。

ハウスメーカーのメリット

新築時に建ててもらったハウスメーカーでのリフォームを考える方も多いかと思います。建築時に家の構造をよくわかっているので、そこを生かした提案がしやすい点はハウスメーカーのメリットです。

住宅設備メーカーのメリット

住宅設備メーカーでは、住宅設備の交換や床材の張替えなど、部分的なリフォームを主に行っています。そのため、特定の分野に関しては詳しく、良い提案を受けることができるでしょう。

リフォーム専門業者のメリット

その名の通り、リフォームを専門に取り扱っている業者なので、リフォームに関する経験が豊富です。経験を生かしたアイデアやアドバイスをもらうことができるでしょう。

リフォーム内容ごとに適した依頼先とは?

24248142_s.jpg

ここではリフォーム内容ごとに適した依頼先を解説します。

壁を撤去するリフォーム

このようなリフォームの場合は工務店やハウスメーカー、リフォーム専門業者などの大規模なリフォーム工事を行っているところがおすすめです。というのも、壁は家の構造自体に影響している可能性が高く、大規模な工事になるかもしれないからです。そのため家の構造を深く理解していて、高品質な工事を行う業者に頼むことがポイントです。ホームページなどで施工事例を確認し、同じような工事を行っているところに頼むのも良いで
しょう。

水回りのリフォーム

水回りの場合は住宅設備メーカーやリフォーム専門業者がおすすめです。キッチン、バストイレなどに精通した会社を選びましょう。その道の専門の業者ならば、経験豊富で様々なアドバイスが期待できます。

お客様の要望に応えるリフォーム

お客様の多種多様なリフォームニーズを実現するには、信頼のおける業者にリフォームを依頼することが何より近道です。またBLR協会に加盟している企業は、デザイン性に優れた企業も存在しているのでそこから探してみるのもおすすめです。BLR協会では会員の施工事例コンテストを2回い、200及ぶ全応募作品をホームページに掲載しております。是非ください。

信頼できるリフォーム業者を探す3つのポイント

24525608_s.jpg
リフォームを成功させるためには、信頼できる業者を探すことが欠かせません。ここでは信頼できるリフォーム業者を見分ける3つのポイントを解説します。

望リフォームの施工実がある

施工実得意分野を確認し、望するリフォームがそれと合っているかチしましょう。どの度の実っているのか、どのような特徴があるのかもめて確認しましょう。業者によって得意分野得意分野がありますから、リフォーム内容に合った業者を選ことがポイントです。

保険・アフタースが実している

工事保険や、リフォームがわった後のアフタースがどのくらいあるのかもで確認しておきましょう。リフォーム工事床や壁を傷付けてしまう可能性がありますし、リフォーム完了後に何か不備がつかるかもしれまん。そういった場合に備えて、保険・アフタースがある業者を選ことが大切です。特に BLR協会では、全会員がリフォーム瑕疵保険登録しておりますので安心です。

国土交通大臣登録のリフォーム協会に加盟している

リフォーム協会に加盟しているところから探すと信頼できる業者をつけやすくなりますそういった協会に入るには、審査要なケースも多いので、ある度の信頼は担保されているでしょう。

リフォームで用できる4つの補助金とは

24464771_s.jpg
ここではリフォームで利用できる4つの補助金を解説します。

介護保険

介護保険とは、要支援もしくは要介護と認定された方が住む住宅において、要介護者が安心して住めるようにバリアフリーリフォームをする際に用できる補助金です。工事費用20万円までのリフォームに対して、介護保険から工事費用に対し79補助を受けられます。なお20万円えた分の費用に関しては全となります。

存住宅における断熱リフォーム支援事業

存住宅における断熱リフォーム支援事業は、高性能な断熱材などを用いて、定の省エネ効果見込めるリフォームを行う際に用できる補助金です。建て住宅をリフォームする場合、工事費用が120万円までのリフォームで1/3補助金を受けられ、合住宅の場合は工事費用が15万円までのリフォームで1/3補助金を受け取ることが可能です。

期優良住宅リフォーム推進事業

期優良住宅リフォーム推進事業では、存住宅を長持ちたり、省エネ性能を向たりするリフォームで補助金を受けられる度です。子育てしやすい住宅のリフォームや3世代で同居するための設備の拡充リフォームでも用できる可能性があり、リフォーム内容に応じて100250万円補助金を受けられます。

こどもみらい住宅支援事業

こどもみらい住宅支援事業とは、子育支援とカーンニートラル実現という 2つの的から施行されている補助金で、主に省エネリフォームを行う際に用しやすい補助金なります。家事の負軽減するためのリフォームや、子育てしやすい住宅のリフォームでも補助金用できる可能性があり、条件に応じて30万円~60万円までの補助金受けられます。

まとめ【どこに頼むか迷ったらBLR協会へ!】

211208-9.png
今回の記事では、リフォームの依頼先の選び方について詳しく解説いたしました。業者ごとに様々な特徴があるので、望するリフォーム内容に適した業者を選んでみてはいかがでしょうか。
BLR協会ではリフォーム業務品質登録制度を用しており、協会に登録しているリフォーム業者は17項目からなるリフォーム業務品質審査3ごとに受け、審査結果しているため品質のえる推進しています。そして、お客様に安心してご用いただくためにトラブル発生時の相談窓口を設け、リフォーム瑕疵保険の説徹底しております。安心して業者を選びたいとお考えの方は、ぜひ以下のリンから高品質なリ
フォーム業者をお選びください。
⇒ベターライフリフォーム協会に加盟するリフォーム会社を探す

前へ

リフォームの不安を解消するには?信頼できる業者選び・トラブル事例を解説!