リフォーム業者の探し方とは?信頼できるリフォーム業者を探す方法やポイントを紹介

近年リフォームの人気が高くなってきているため、業者の数が年々増加してきています。そのため、いざ依頼をする業者を探すとなると、どの業者に依頼すればいいのか迷ってしまうことが多いです。

また、リフォーム業界は参入障壁が低いため、いわゆる「悪徳リフォーム業者」が存在するのも事実です。

そこで今回は、基本的なリフォーム業者の探し方や信頼できるリフォーム業者を探す方法・ポイントをご紹介いたします。



一般的なリフォーム業者の探し方

24264041_s.jpg

インターネットで探す

多くの方はリフォーム業者を探すとなった時、まず初めにインターネットで検索をすると思います。最近では、建設業界もIT化が進んでおり、充実したホームページを持つ工務店が増えてきています。

「お住まいの地域+リフォーム」と検索することによって、自分の住んでいる地域の業者を探すことができるので、リフォーム業者の初期段階で選択肢を増やすためにはうってつけの方法です。

しかし、インターネット検索をして出てくるサイトの順番は、必ずしもその業者の信頼性や技術力の順番ではないので、どの業者が良いのかはしっかりと見た上で比較するようにしましょう。

ポータルサイトで探す

インターネットで検索をする際に、リフォーム業者をまとめて表示してくれるポータルサイトも初期段階の情報収集として有用な探し方です。

地域やリフォームカテゴリなどといった、絞り込みの検索が充実しているサイトも多く、業者の口コミや評価を見ることができるポータルサイトも中にはあります。

しかし、ポータルサイトに登録をしていないリフォーム業者も多くいるため、他の探し方と併用して探すことをしないと、近くの優良業者を見逃してしまう可能性があるため、注意が必要です。

近くの工務店やリフォーム会社を訪れてみる

自宅の近くを自分自身の足で回って、直接リフォーム業者に訪問するという方法も一つの探し方ではあります。

通勤中や通学中など自宅の周りを歩く時に少し注意してみれば、普段では気が付かなかったリフォーム業者を見つけることがあるかもしれません。

自分自身で訪問することになるので、店構えやスタッフの様子を実際に確認することができるので、信頼に値する業者を見つけやすい方法と言えます。また、そのリフォーム業者の実際の工事現場を見つけたら、思い切って話しかけてみるのも良い業者を探すにはいいかもしれません。

知人や親戚に紹介してもらう

過去にリフォームをしたことがある家族や知人からの紹介も、優良なリフォーム業者を探すには有用な方法です。

その知人に実際の対応や工事の仕上がりを直接聞くことができるので、優良業者を見極めることが可能となります。紹介者に対する信頼性が高ければ、業者への安心材料となります。

また、知り合いの口利きで安くしてくれる可能性もあるため、知り合いにリフォーム経験者がいる場合には、積極的に話を聞いてみるようにしましょう。

リフォーム業者を探す際のポイント

口コミは参考程度に

インターネットで検索をすることによって、たくさんの口コミが出てきます。その口コミの中には、良いものも悪いものも多くあります。しかし、それらの口コミは発信者が不明であり、本当にリフォームをしたのかさえも怪しいので、鵜呑みにするのは危険です。また、インターネット上には、満足した内容よりも不満に感じた内容の方が書き込まれやすいため、悪い口コミが多くても実際に悪い業者であるとは限りません。

多くの人はリフォームをする経験が少なく正しい知識がないまま主観で評価をしているので、あまり口コミに惑わされすぎないことも重要です。

リフォームの内容を明確にしておく

一概にリフォームといっても、リフォーム業者によって得意とするリフォームの種類は異なります。自分が満足のいく業者を探すためにも、どのようなリフォームを希望するのかを明確に言語化できるようにしておきましょう。

現地調査をする際には、リフォームの内容を事前に明確に言語化しておくことによって、業者とのイメージの齟齬が起きにくくなったり、業者も見積もりが出しやすくなり、トラブルを避けることができます。

相見積もりを取る

工事内容や工事費用の正当性を確認するために相見積もりは必ず取るようにしましょう。

また、相見積もりは、2〜3社程度を目安に取るようにしましょう。相見積もりの業者を多くしすぎると、打ち合わせに多くの時間を取られたり、情報が多くなりすぎて整理に手間取り、比較検討が難しくなってしまいます。

相見積もりを取る際には、手当たり次第に見積もりを頼むのではなく、信頼できる業者を見極めてから2〜3社程度に抑えて比較するようにしましょう。



近場を中心に探す

最近ではインターネット経由で広い範囲を検索できるため、広い範囲に対応する業者も多いですが、リフォーム業者はなるべく自宅の近くの業者を選ぶことをおすすめします。

自宅から遠くの業者であると移動経費が余計にかかってしまったり、打ち合わせやアフターフォローのレスポンスが遅くなったりしてしまいます。遠くの案件は下請け業者に丸投げするリフォーム業者も多いため、仕上がりが違うものになる可能性もあります。

また、地元のリフォーム業者であれば、近所の方や知人から直接口コミを聞けることも大きなポイントです。目安としては、自宅から車で1時間圏内のリフォーム業者を探すようにしましょう。



リフォーム業者の最終的な決定方法

24525608_s.jpg

希望のリフォームとマッチしているか

会社や担当者の意見を押し付けることなく、こちらの希望に合ったプランを提案してくれるかどうかも、リフォーム業者を選ぶ際には重要になってきます。また、プランを提案する際に、メリットとデメリットのどちらもしっかり説明してくれる業者は信頼できます。さらに、使用する資材などのサンプルを説明の際に必要に応じて見せてくれる業者も信頼度は高いです。

質問への回答、提案はどうか

リフォームに関する質問をした際の業者の対応も確認しておきましょう。

多くの方はリフォームが初めてだと思いますので、見積書や契約書の見方などは知らないと思います。不明な点を質問した際に、難しい専門用語を使用せず答えたり、こちらが理解できるように努めてくれるかどうかをしっかりと確認しておきましょう。

後々トラブルに発展しないためにも、どのような質問をしてもこちらが理解できるように明確に説明してくれる業者を選ぶようにしましょう。

アフターサービスはどうか

リフォームが問題なく終わったとしても、その後にトラブルが発生しないとは限りません。そのため、アフターサービスがしっかりしているかどうかも重要になってきます。

工事中に壁に穴が空いてしまっていたなど、リフォーム中に起きたミスやトラブルを、実際に生活しはじめてから初めて気づく場合もあります。

リフォーム後も長く安心して暮らすためには、アフターサービスが充実している業者を選ぶことが重要です。アフターサービスがないリフォーム業者と契約してしまうと、後で欠陥が見つかったとしても対応してもらえない可能性があります。

これから長く過ごす家のトラブルで泣き寝入りしないためにも、アフターサービスが充実しているかどうかは、しっかりと確認しておくようにしましょう。

リフォーム協会などには加盟しているか

信頼できる業者を探すときは、リフォーム協会などの団体に加盟しているかも1つの指標になります。リフォーム協会に加盟していることは、質の高いリフォームを行うための基準をしっかりと満たしているということの証になります。



信頼できるリフォーム業者を探すなら、ベターライフリフォーム協会加盟業者がおすすめです

信頼できるリフォーム業者をお探しであれば、ベターライフリフォーム協会に加盟している業者を選ぶことをおすすめします。

ベターライフリフォーム協会は国土交通大臣登録の住宅リフォーム事業団体なので、信頼性も高いです。

また、「リフォーム業務品質審査登録制度」という制度を設けて、リフォーム事業者を審査・登録しております。

制度としては、ベターライフリフォームでない中立な第三者として一般財団法人ベターリビングが定期的に審査をしております。また、入会時と3年毎に会員事業者で現地審査を行います。また、その間は定期審査で自社の品質体制を報告してもらうので、信頼性の高い業者を選ぶことができます。



まとめ リフォーム業者選びで迷っているならベターライフリフォーム協会加盟業者を!

211208-9.png

リフォーム業者を探す際には、色々な探し方がありますが、どれか1つの方法に固執することなく、さまざまな探し方で幅広く探すことをおすすめします。

また、依頼をする業者を最終的に決定する際には、さまざまな観点で見るべきですが、1番のポイントとしては、「信頼できるかどうか」、これに尽きます。

その「信頼できるかどうか」の手がかりとして、ベターライフリフォーム協会会員であるかどうかで判断する方法があります。ベターライフリフォーム協会に加盟するには、先ほど説明した「リフォーム業務品質審査登録制度」という制度の審査を通過しなければいけないので、ベターライフリフォームに加盟していることは一定以上の品質を満たしていることの証明になります。

クレームやトラブルが発生しないリフォームを実現するためにも、ベターライフリフォーム協会会員の優良業者を選びませんか。



全国の加盟店を探してみよう!

⇒ベターライフリフォーム協会に加盟するリフォーム会社を探す

前へ

内装工事で起こりやすいクレーム・トラブルと依頼者ができる対策とは?一番のポイントは業者選びにあり!